向日葵视频app下载丝瓜

話題: 【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)

2020-07-15 02:07:00

  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    龍溪
    2020-07-14 21:46
    譯者:海鷗
    前作公主鏈接 劇情帖傳送門:

    大神美冬 個人故事
    第一話 打工的品格
    1話 バイトの品格
    直人「嗚哇——! 啊~只差一點的說。」
    ナオ「うわぁーーーっ!  ……あ~あ、あとちょっとだったのに。」

    直人「這個競時任務明明說是初級,難度卻不簡單啊。」
    ナオ「このタイムアタッククエスト、 初級だっていうのに 難易度が半端ないなぁ。」

    直人「調整心情,再嘗試一次吧。好……」
    ナオ「気を取り直して、 もう一回トライしよっと。ようし……」

    ???「快%下——!」
    ??? 「伏せてーーー! 」

    直人「嗚!」
    ナオ「うぎゃっ! 」

    ??? 「你在這種地方地方發呆可是會受傷的哦!」
    ??? 「あんた、こんなところで ボーッとして、大怪我するわよ! 」

    直人「好痛,我的頭……現在受重傷了。」
    ナオ「いててて、 首が……いましました、大怪我。」

    直人「你是誰啊。突然就這樣不是很危險嗎!」
    ナオ「誰なんですかあなたは。 いきなり危ないじゃないですか! 」

    ??? 「很危險? 你在說什么天真的話啊。」
    ??? 「いきなり危ない?  何を甘えたこと言ってるの。」

    ??? 「難道你以為,敵人在攻擊前還會跟你打招呼嗎?」
    ??? 「敵が攻撃前に挨拶してくれるとでも 思ってるの? 」

    直人「雖然是這樣沒錯,但也別那么粗魯……話說回來,你找我有什么事嗎?」
    ナオ「そりゃそうですけど そんな亂暴にしなくたって…… ところで、仆に何か用ですか? 」

    ??? 「你競時任務的打法太過生硬,讓我看不下去了。」
    ??? 「キミのタイムアタッククエストの 戰い方があまりにもぎこちなくて、 見てられなかったの。」

    ??? 「競時任務可不能只是一昧地往前打,而是全靠累積經驗淬煉而出的戰術。」
    ??? 「タイムアタックはがむしゃらに戰う だけじゃダメ。経験に里打ちされた 戰術が全てなの。」

    ??? 「因為剛好我也想在這里賺點經驗和盧幣,所以想說跟你一起組隊合作。」
    ??? 「ちょうど私もここで経験値と ルピを稼ごうと思ってたから、 共闘してあげようかと思って。」

    直人「這可真是幫了大忙。 我的名字叫做直人。請多多指教!」
    ナオ「それは助かります。 仆はナオです。 よろしくお愿いします! 」

    美冬「我叫美冬。請多指教。 組隊費用算你每小時750盧幣就好哦。」
    ミフユ「私はミフユよ。よろしくね。 共闘料金は時給750ルピでいいわよ。」

    直人「要收錢嗎!? 而且是換算時薪? 這是打工嗎!?」
    ナオ「金取るの!?  しかも時給換算? バイトか!? 」

    美冬「這樣可以嗎? 那么要開始作戰會議了哦。」
    ミフユ「それじゃいい?  作戰會議をはじめるわよ。」

    直人「阿斯特朗的區域地圖!? 做得真正式啊……」
    ナオ「アストルムのエリア地図!?  本格的だなぁ……」

    美冬「首先,我們先占領這個地方。 這里既有躲藏的場所,也能看到很遠的地方。」
    ミフユ「まず、私たちはここに陣取るわ。 隠れられる場所があって、 遠くまで見通せる。」

    美冬「要是怪攻過來了就兵分二路,從兩側進行夾擊。」
    ミフユ「やつらが來たら二手に分かれて、 両端から挾み撃ちにする作戰よ。」

    美冬「這是以前,在紛爭地區做跟游擊部隊作戰的打工時,很有效果的戰術哦。」
    ミフユ「昔、紛爭地域で ゲリラと戰うバイトをした時、 効果的だった作戰よ。」

    直人「啊!? 紛爭? 游擊隊? 打工?」
    ナオ「はぁ!?  紛爭? ゲリラ? バイト? 」

    美冬「這個清單給你,請把內容記好。」
    ミフユ「このリストを渡しておくわ。 よぉく頭に叩き込んで。」

    直人「這個怪物清單是什么?」
    ナオ「なんですか、 このモンスターリストは。」

    美冬「這是個別計算獲得的經驗值、盧幣與討伐難度,排出優先順位的怪物清單。」
    ミフユ「獲得経験値と獲得ルピ、 討伐難易度を獨自に計算して 優先順位をリスト化しているの。」

    直人「好厲害。全部都數據化了。」
    ナオ「す、すごい。 全部數値化されている。」

    美冬「來吧,競時任務就如同字面的意思,是跟時間的競賽哦! 把它想像成每秒靈魂就會被削一刀的感覺!」
    ミフユ「さあ、タイムアタックは文字通り 時間との勝負よ! 一秒ごとに魂が 削られてると思いなさい! 」
    魔物「咕哦!」
    モンスター「──グオオオオオッ! 」

    直人「哇! 怪一口氣過來了!」
    ナオ「わわわ! 一気に來たぞ! 」

    美冬「要去選擇與集中目標呦! 冷靜下來去封定目標怪物,別去理會錢很少的雜魚!」
    ミフユ「選択と集中よ!  落ち著いてモンスターを見極めて、 獲得ルピの少ない雑魚は舍てなさい! 」

    美冬「快看清單! 優先要打的是那家伙、那家伙還有那家伙哦! 快點!」
    ミフユ「リストを見て!  優先順位はあいつと、あいつと、 それからあいつよ! 早く! 」

    直人「好、好的! 唔哦!」
    ナオ「は、はい!  うぉぉぉぉっ! 」

    直人「呼……呼…… 真的就如同美冬小姐的作戰一樣。」
    ナオ「はぁ……はぁ…… ミフユさんの作戰が 見事に的中だ。」

    直人「真厲害。這就是所謂能干的女性。她是什么大企業的女性主管嗎?」
    ナオ「すごいぞ。これっていわゆるデキる女。 彼女、大企業のキャリアウーマンか なんかか? 」

    美冬「居然比我平常還要有效率 難道,是你把我的能力值上升了嗎?」
    ミフユ「いつもの私のスペックよりだいぶ 効率がいい。まさか、あなたが 私のパラメータを上げているの? 」

    直人「就是如此。其實,我是公主騎士。」
    ナオ「そのまさかなんです。 仆、実はプリンセスナイトなんです。」

    美冬「原來如此。 我也受到了你的幫助呢。 那么,時薪就……」
    ミフユ「なるほど。私のほうも 助けられたってわけね。 それじゃあ、時給は……」

    直人「你不收我錢了嗎?」
    ナオ「タダにしてくれますか? 」

    美冬「就給你打折成700盧幣。」
    ミフユ「700ルピに負けてあげる。」

    直人「只有折扣50盧幣嗎!? 這就是身為公主騎士的我的價值……?」
    ナオ「50ルピだけディスカウント!?  それがプリンセスナイトとしての 仆の、価値……? 」

    美冬「那么,我必須要離開了。 因為我沒剩多少時間……」
    ミフユ「それじゃ、もう行かないと。 私には、殘された時間が、 少ないから……」

    直人「。? 這意思是,難道你得了什么不治之癥,已經快要……?」
    ナオ「え? それって、もしかして 不治の病かなんかで余命が……? 」

    美冬「不是,是快要到打工的時間了。再見咯!」
    ミフユ「ううん、全然。 もうすぐバイトの時間なの。 じゃあね! 」

    直人「打工!? 原來你不是大企業的女性主管嗎?」
    ナオ「バイト!?  キャリアウーマンじゃなかったの? 」

    就這樣,直人抱著被欺騙的心情,目送著美冬離去的背影。
    なんだか煙に巻かれたような 気持ちのまま、ミフユの后ろ姿を 見送るナオであった。

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_normal_start_0
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    杰斯恩
    2020-06-07 23:41:17
    原來是speed run的玩家啊,難怪這么客家
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    龍溪
    2020-06-07 21:48:42
    譯者:海鷗

    大神美冬 個人故事
    第二話 超市的攻防戰!
    2話 スーパーの攻防戰!
    直人「哇,雖然因為有特賣活動而過來超市看看,但是開店前就大排長龍呢。」
    直人「うわぁ、特売日だからスーパーに 來てみたけど、開店前から すごい人だかりだなぁ。」

    直人「而且似乎連皮膚都可以感覺到這些參加特賣活動人們的殺氣。 我還是就此老實地退下比較好……」
    直人「しかも特売日に臨む人たちの殺気を びんびんに感じるぞ。ここは、 おとなしく引き下がったほうが……」
    ??? 「快%下——!
    ??? 「伏せてーーー! 」

    直人「嗚!」
    直人「うぎゃっ! 」

    ??? 「你在這種地方地方發呆可是會受傷的哦!」
    ??? 「あんた、こんなところで ボーッとして、大怪我するわよ! 」

    直人「好痛,我的腰……現在受重傷了。」
    直人「いててて、 腰が……いましました、大怪我。」

    直人「你是誰啊。突然就這樣不是很危險嗎!」
    直人「誰なんですかあなたは。 いきなり危ないじゃないですか? 」

    ??? 「很危險? 你在說什么天真的話啊。」
    ??? 「いきなり危ない?  何甘えたこと言ってるの。」

    ??? 「你要這樣傻笑著讓對手把商品搶走嗎? 特賣活動可沒那么天真哦!」
    ??? 「へらへらしていればライバルたちが 商品を譲ってくれるとでも?  特売セールはそんなに甘くないわよ! 」

    直人「是這樣沒錯。 所以我想今天就此撤退……」
    直人「そうなんですよ。 だから今日のところは 引き上げようかと……」

    ??? 「你是因為意志不夠堅定,才會像這樣意志消沉哦。」
    ??? 「漠然と商品を漁ろうとするから 気が滅入るのよ。」

    ??? 「只要靠著累積經驗淬煉而出的戰術去面對就沒問題了。」
    ??? 「経験に里打ちされた戰術で以って 臨めば大丈夫。」

    美冬「自我介紹有點晚了,我叫做美冬。 兩個人一起參加特賣活動比較有效率哦。怎么樣,要一起嗎?」
    美冬「申し遅れたけど私は美冬。 二人で特売に臨んだほうが効率的よ。 どう、一緒に組まない? 」

    直人「好、好的。我叫做直人。請多多指教。」
    直人「は、はい。仆は直人です。 よろしくお愿いします。」

    直人「總覺得這樣的發展似曾相識。……是我多心了嗎。」
    直人「この展開、なんかデジャヴ。 ……気のせいかな。」

    美冬「那么準備好了嗎? 開始作戰會議咯。」
    美冬「それじゃ、いい?  作戰會議をはじめるわよ。」

    直人「。,超市的平面圖? 這種東西是從哪里拿到的啊?」
    直人「え、スーパーの見取り図?  こんなものどこで手に入れたんだ? 」

    美冬「今天的目標是,牛奶、雞蛋、廁紙,然后還有T恤任你裝到飽的特賣哦!」
    美冬「今日の狙いは牛乳、卵、 トイレットペーパー、そして Tシャツの詰め放題セールよ! 」

    美冬「首先是離入口最近乳制品賣場的牛奶,然后在附近的雞蛋會是最激烈的戰區。」
    美冬「まずは入り口から最短距離にある 乳制品売り場の牛乳、そして その近くの卵が最激戰區になるわ。」

    美冬「那邊就交給我負責,你就直接升去二樓的衣物賣場。」
    美冬「そこは私に任せて、 あなたは2階フロアの衣料品売り場へ 一直線に向かって頂戴。」
    (譯者:想想年輕時跑同人展也是像這樣費工去規劃路線順序,和朋友分工只為了搶大手論壇的作品。以前到底怎么那么有熱忱啊)
    (校對:我以為這只會在日本發生)
    (譯者:雖然不算多,也是會發生第一時間不升大手論壇,就可能買不到部分商品
    至少我還在跑場那時候是啦)

    美冬「那邊的話,人應該會比較少。趁這時候盡量把T恤塞進袋子里面。」
    美冬「そこなら比較的人の集まりが 少ないはず。その間にできる限り Tシャツを袋に詰めるのよ。」

    美冬「這個給你,是我昨晚做的清單。」
    美冬「これ、私が昨晩作成したリストよ。」

    直人「哇! 有很多密密麻麻的數值……這個是什么的清單呢?」
    直人「うわっ!  細かい數値がびっしり…… これはなんですか? 」
    求通順就不翻細かい了

    美冬「將這個店有賣的T恤定價與折扣,我喜歡的設計等等的因素數據化,制作而成的優先順位清單。」
    美冬「この店の扱うTシャツの定価と 割引率、私の好みのデザインなどを 數値化して優先順位をつけたの。」

    美冬「以這清單為準,從優先順位最高的商品開始裝袋!」
    美冬「このリストをもとに、 優先順位上位のものから 詰めていって! 」

    來冬「來吧,到開店的時間了! 準備好了嗎? 不要浪費時間。」
    美冬「さあ、開店の時間よ!  いい? 時間を無駄にしないで。」

    美冬「想像無所事事度過五分鐘,就相當沒有意義的死了五分鐘! T恤的裝到飽就交給你咯!」
    美冬「5分無為に過ごしたら5分 無駄死にしたと思いなさい!  Tシャツの詰め放題、頼んだわよ! 」

    直人「好、好的。那么回頭見!」
    直人「は、はい。では后ほど! 」

    美冬「等等! 最后再說一句。……別死。」
    美冬「待って! 最后に一言だけ。 ……「死ぬな」」

    直人「好……好的,我要出發了。」
    直人「は、はぁ……い、行ってきます。」

    大嬸「這是我先拿到的! 手給我放開!」
    おばちゃん「これは私が先に取ったのよ!  離して! 」

    直人「嗚……果然就如同美冬小姐所說。 這里確實是戰場。」
    直人「くっ……美冬さんの言った通りだ。 ここは、まさに戰場。 ダメだ、全然前に進めないぞ。」

    美冬的聲音「咦!? 這邊籃子里的商品居然打一折!?」
    美冬の聲「ええ!? こっちのカゴの商品は 90%OFFですって!? 」

    大嬸「你說什么!?」
    おばちゃん「なんですってー!? 」

    美冬「……走掉了呢。居然會被這么簡單的謊話欺騙,那些大嬸們太天真了。」
    美冬「……行ったわね。 こんな単純な噓に騙されるなんて、 あのおばちゃんたち、甘いわね。」

    美冬「礙事的人已經消失了。 趁現在去裝T恤吧。」
    美冬「さ、邪魔者は消えたわ。今のうちに Tシャツを詰めましょ。」

    直人「還、還真是什么招式都有呢。」
    直人「な、なんでもありなんですね。」

    美冬「戰場是不存在規則的。 既然無法靠力量取勝就用頭腦!」
    美冬「戰場にルールなんて存在しないの。 力で勝てないなら頭を使う! 」

    美冬「這個世界就是弱肉強食! 被騙的話就會被吃! 要是暴露了弱點就會輸掉!」
    美冬「この世は弱肉強食よ!  騙されたら食われる!  隙を見せたら負けるの! 」

    直人「呼……無論如何,能夠平安無事的買到真是太好了。」
    直人「はぁ…… まあ、なんにせよ、無事に 収穫があってよかったですね。」

    美冬「結帳完成。太好了,賺到562元!」
    美冬「お會計終了。 やったわ、562円も得した! 」

    直人「562元!? 我弄得滿身瘡痍。只是為了562元……?」
    直人「562円!? 仆、けっこう ボロボロなんですけど。 その代償がたったの562円……? 」

    美冬「笨蛋! 『只是562』是什么意思!?」
    美冬「おバカ!  たった562円とは何事!? 」

    美冬「562這金額,可是比我在喜馬拉雅進行山難救助打工的時薪還要高哦!」
    美冬「562円ていう金額はね、 私がヒマラヤで山岳救助の バイトをした時の時給より高いのよ! 」

    美冬「即使只是一只手就能握住的小錢,可是比我冒死工作的一個小時還要沉重哦!」
    美冬「片手で握れる小銭でも、 私の命がけの一時間より重いのよ! 」
    我覺得你被坑了

    直人「山難救助? 打工? 話說這時薪太便宜了吧!? 然后果然從剛才開始就覺得似曾相識。」
    直人「山岳救助? バイト? ていうか 時給安くね!? そしてさっきから やっぱりデジャヴ。」

    直人「難不成你是之前在阿斯特朗的打工姐姐?」
    直人「あなたはもしかしていつぞやの アストルムのアルバイトお姉さん? 」

    美冬「難不成你是當時的公主騎士? 原來如此,怪不得我覺得你領悟得很快。」
    美冬「もしかしてあの時のプリンセスナイト?  なるほど、どうりで飲み込みが 早いと思ったわ。」

    美冬「你屬性還挺好的呢。 要不要成為我的徒弟,窮極特賣會之道?」
    美冬「キミ、なかなか筋がいいわ。 私の弟子になって、 特売セールを極めてみない? 」

    ---------------------------------------

    選項一「我也最喜歡特賣了!」
    「仆も特売大好きなんで!」

    選項二「請恕我拒絕。」
    「遠慮しておきます」

    ---------------------------------------

    直人「好的,請務必收我當徒弟!  我也最喜歡特賣了! 」
    直人「ええ、是非!  仆も特売大好きなんで! 」

    美冬「好,就這么決定了。 順帶一提教師費是每小時750元哦。」
    美冬「よし、決まりね。 ちなみに教官料は時給750円ね。」

    ---------------------------------------

    直人「不了。好像很嚴苛的樣子,請恕我拒絕。」
    直人「いいえ。なんだか過酷そうなので 遠慮しておきます。」

    美冬「不需要那么客氣也沒關系哦!  教師費只收你每小時750元就好了! 」
    美冬「そんな遠慮しなくていいわよ!  教官料は格安の750円でいいから! 」

    ---------------------------------------

    直人「果然要收錢啊……」
    直人「やっぱりお金はとるんですね……」

    美冬「這是當然的啊! 世界可是靠著金錢在運轉的。」
    美冬「當然でしょ!  世界はお金で回ってるんだから。」

    美冬「但是,剛好我心情好的話,說不定會有用錢也買不到的心動體驗哦?」
    美冬「でも、気が向いたらお金じゃ 買えないドキドキも、 キミにあげちゃうかもよ? 」

    如此開著玩笑美冬的笑容,不可思議地令人感到嫵媚,讓直人似乎真的心動了。
    そう冗談まじりに言った美冬の笑顔が 妙に色っぽくて、なんだか本當に ドキドキした直人であった。

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_normal_start_1
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    里格雷
    2020-06-07 22:19:22
    562/h,和國內打工差不多吧,還沒算物價。
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    Rexmi_TW
    2020-06-07 23:42:57
    超級客家人
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    折木同學總是懶洋洋
    2020-06-08 07:57:27
    超好笑
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    折木同學總是懶洋洋
    2020-06-24 21:34:27
    譯者:海鷗

    大神美冬 個人故事
    第三話 決戰特賣日!
    3話 決戰は特売日!
    美冬「啊,直人君,這邊這邊!」
    美冬「あ、直人くん、 こっちこっち! 」

    直人「美冬小姐,怎么了嗎? 居然我叫到隔壁鎮上來。」
    直人「美冬さん、どうしたんですか?  隣町まで呼び出して。」

    美冬「今天這個鎮上的超市有大規模特賣活動哦。」
    美冬「今日はこの町のスーパーで 大規模な特売があるのよ。」

    美冬「今天會是一場硬仗。 說不定還會有巨大的犧牲。聽好咯? 要小心應戰哦。」
    美冬「今日は厳しい戰いになるわ。 大きな犠牲があるかも。 いい? 心してかかってね。」

    直人「嗚,美冬小姐的表情好可怕。 我沒什么自信能夠參加這次的特賣。」
    直人「うう、美冬さん、顔がこわいですよ。 仆ちょっと、參加する自信ないです。」

    美冬「不行! 你要遵從我的指示,這是命令。 隊長的命令是絕對的!」
    美冬「ダメ! 私に従って。これは命令。 隊長からの命令は絶対よ! 」

    美冬「能否在這超市的特賣活動中生存下來,可是決定了我家人的命運!」
    美冬「このスーパーの特売日を サヴァイブできるかが、 私の家族の運命を決めるの! 」

    美冬「因為我們家庭人數很多,如果不是特價品的話,弟弟妹妹們就填不飽肚子了!」
    美冬「ウチは家族が多いから、 特売品じゃなきゃ弟や妹たちに お腹いっぱい 食べさせてあげられないの! 」

    直人「原來是這樣啊。 美冬小姐會執著于特價品都是為了家人啊。」
    直人「そうなんだ。美冬さん、 特売品にこだわるのは 家族のためだったんだ。」

    直人「如果是這樣的話,我也全力協助美冬小姐吧!」
    直人「そういうことなら美冬さん、 仆も全力で協力しましょう! 」
    直人「雖然鼓起干勁過來了。 但這可真不得了啊。 跟之前的特賣相比,不論大小、人手還有規模都是不同等級的。」
    直人「意気込んで來てみたものの。 こりゃすごい。先日の特売とは 大きさも人手も規模が桁違いだ。」

    直人「美冬小姐,今天的戰術是什么?」
    直人「美冬さん、今日の作戰は? 」

    美冬「直人君,戰斗有的時候就是要舍棄那些小伎倆,從正面決勝負哦。」
    美冬「直人くん、 時に戰いとは小細工を舍てて 正面からぶつかることも必要なの。」

    美冬「不可以在心態上輸給那些身經百敗的主婦們。 來吧,要正面突破了哦! 上吧!」
    美冬「百戰錬磨の主婦たちに 気持ちで負けたらダメよ。 さあ、正面突破よ! 行きましょう! 」

    美冬「哦哦哦!」
    美冬「とおぉぉぉーっ! 」

    直人「啊,美冬小姐等等! 咕……完全沒辦法前進。」
    直人「あ、美冬さん、待って!  ぐぬぬぬ……全然進めないよぉ。

    美冬「要是被人群淹沒的話,就只是無謂地消耗體力而已哦!」
    美冬「人だかりに埋もれてたら 體力を消耗するだけよ!   」

    美冬「瞄準好空隙后就一口氣突破! 然后再遠離人群,封定目標! hit and away!」
    美冬「狙いを定めたら一點突破!  そしてまた離れて、狙いをつける!  ヒット&アウェイよ! 」

    直人「不愧是美冬小姐! 完全沒有輸給主婦們! 好厲害,美冬小姐太厲害了!」
    直人「さすがだ!  全然負けてないぞ!  すごい、すごいよ美冬さん! 」

    美冬「呀!!」
    美冬「きゃっ!! 」

    直人「美冬小姐! 你沒事吧!?」
    直人「美冬さん! 大丈夫ですか!? 」

    美冬「沒、沒事……好痛!  ……嗚,腳好像受傷了。」
    美冬「だ、大丈夫……痛っ!  ……つつつつ、足をやられたみたい。」

    直人「怎么這樣……」
    直人「そんな……」

    美冬「雖然很不甘心,但說不定只能到此為止了。 嗚……對不起了,大家……今天晚餐的配菜已經……」
    美冬「悔しいけどここまでかも。 くっ……今晩のおかずが…… ごめん、みんな……」

    直人「……美冬小姐,現在還不能放棄!」
    直人「……美冬さん、 あきらめちゃダメだ! 」

    美冬「直人君,你、你要干嘛!?」
    美冬「直人くん、な、なにを!? 」

    直人「我來抱著美冬小姐前進!」
    直人「仆が、美冬さんを抱えていきます! 」

    美冬「怎么可以,這太亂來了! 你就別管我了,先走吧!」
    美冬「そんな、無茶よ!  私のことはいいから、 キミは先に行きなさい! 」

    直人「我可不會丟下美冬小姐不管哦! 唔哦哦哦哦!」
    直人「ほっとけませんよ!  ぬおおおおおおおお! 」

    美冬「你居然有這樣的力氣? 好厲害! 總覺得好像能行! 稍微等我做一下緊急處理!」
    美冬「キミにこんな力が? すごいわ!  なんだかいける気がしてきたよ!  応急措置するからちょっと待って!  」

    直人「緊急處理!? 美冬小姐,為什么你動作這么熟練!」
    直人「応急措置!?  美冬さん、なんて手際がいいんだ! 」

    美冬「這是以前打工擔任護理師時學來的。」
    美冬「昔、看護師のバイトをしてた時に 覚えたのよ。」

    直人「護理師的工作能夠讓打工做嗎!?」
    直人「看護師ってバイトがあるんですか!? 」

    美冬「把腳固定……這樣就沒問題了! 美冬復活……好痛!」
    美冬「足を固定して、と。 これで良し!  美冬ふっか……痛ぅっ! 」

    直人「美冬小姐! 果然不要勉強自己比較好。」
    直人「美冬さん!  やっぱり、無理しないほうが。」

    美冬「即使這只腳會因此而變得不能動,但是眼前的半價豬肉……重要得多了──!」
    美冬「たとえこの足が動かなくなろうとも、 目の前の豚肉50%オフの方が よっぽど重いわーーー! 」

    直人「美、美冬小姐站起來了──! 好了,我們走吧!」
    直人「み、美冬さんが、立ったー!  ようし、行きましょう! 」

    美冬「呼……呼……,我們做到了呢。」
    美冬「はぁ……はぁ…… 私たち、やったわね。」

    直人「是的! 這是我們的大勝利! 搶到大量的特價商品了呢!」
    直人「はい!  仆たちの大勝利ですよ美冬さん!  大量にゲットしましたね! 」

    美冬「嗯! 那么這些就拜托你了。」
    美冬「うん!  それじゃこれ全部、お愿いね。 」

    直人「。? 這、這些全部……。美冬小姐,你在開什么玩笑啊?」
    直人「え? こ、これみんなって、 な、なんの冗談ですか、美冬さん? 」

    美冬「我之后還有打工要做,所以今天的戰利品就麻煩你幫我運回家了!」
    美冬「私はこのあとバイトだから、 今日の戰利品をウチまで 運んでおいて頂戴! 」

    直人「這些全部由我一個人!? 怎么想都行不通啊!!」
    直人「これを一人で!?  どう考えても無理ですよぉ!! 」


    美冬「沒問題的! 你可是我看中的男人哦。 我會特別給你折50元教師費,就幫幫我吧。」
    美冬「大丈夫! キミは私が見込んだ男よ。 特別に教官料50円負けてあげるから。」

    直人「才折50元根本劃不來!」
    直人「50円じゃ全然割りに合いません! 」

    美冬「隊長的命令是!?」
    美冬「隊長からの命令は!? 」

    直人「……絕對的。」
    直人「……絶対。」

    美冬「吶。直人君,拜?托?你?咯。」
    美冬「ね。直人くん、 お?ね?が?い。」

    直人「就算你用這么嬌滴滴的聲音講話,我也不會被你騙的! 要一個人搬這么多的東西,從物理上來說根本不可……」
    直人「そんな甘えた聲出したって 騙されませんからね! これだけの 荷物一人でなんて物理的に……」

    美冬「那么就拜托咯!」
    美冬「それじゃ、お愿いね!  」

    直人「啊,等等! 美冬小姐! ……好重!」
    直人「あ、待って! 美冬さぁん!  ……重っ! 」

    結果在路上,直人經歷了袋子破掉、水果滾落坡道等悽慘地事情后,才將戰利品送到了美冬家里。
    結局、買い物袋が破れたり果物が坂道 を転げ落ちたり散々な思いで美冬宅に 戰利品を屆けた直人だった。

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_normal_start_2
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-06-25 00:24:04
    大佬翻譯的前面那一段打成 (我叫到隔壁鎮上)
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-06-24 21:46:11
    譯者:海鷗

    大神美冬 個人故事
    第四話 瞄準主打商品!
    4話 目玉商品をねらえ!

    菲歐「吶,美冬還沒有來嗎? 是她把直人叫出來的吧?」
    フィオ「ねぇ、ミフユ、まだ來ないの?  ナオの方が 呼ばれたんだよね? 」

    直人「是這樣沒錯……說是在這義賣會上有意想不到劃算商品,所以希望我過來幫忙……」
    ナオ「そうなんだけど…… バザーですごい掘り出し物があるから 手伝ってほしいって……」

    直人「可是關鍵的美冬小姐不在的話,根本不知道要買什么好……」
    ナオ「肝心のミフユさんがいないと、 何買ったらいいのかも わからないのに……」

    直人「哦! 說曹操曹操就到……美冬小姐傳語音消息來了。」
    ナオ「お! ウワサをすれば…… ミフユさんからボイスメッセージだ。」

    美冬「『打工時間要延長了,你先去排吧』」
    ミフユ「『バイトが長引いてるから、 先に并んでおいて』」

    直人「她是這么說的,。!? 就我一個人要挑戰這人群嗎?」
    ナオ「──って、えぇ!?  仆一人で、この人ごみに挑めと? 」

    菲歐「好、好像很辛苦的樣子。 我就在這里等到你買完,要加油哦,那么再見!」
    フィオ「た、大変そうだね。 私は終わるまで待ってるから、 がんばってね、それじゃ! 」

    直人「啊! 逃走了! 我也好想逃跑……」
    ナオ「あっ! 逃げたな!  仆も逃げ出したい……」

    直人「但是,我已經答應要幫忙了。……這樣的話只能硬著頭皮上了! 算了,上就對了!」
    ナオ「でも、手伝うって約束だしな。 ……もうこうなったらヤケだ!  やってやるぞ! 」

    咚咚咚咚──
    ドドドドドド──

    直人「哇哦! 人潮的流動太強了! 再這樣下去,什么都買不到的……」
    ナオ「うおっ!  人の流れが強すぎる!  これじゃ、なにも買えない……」

    直人「就、就算是只買到旁邊人氣商品也好!  ……那個商品的話,手能搆到! 請給我一個──」
    ナオ「せ、せめて手近な人気商品だけでも!  ……あれなら、手が屆くぞ!  ひとつくださ──」

    血拚客「干,棟什么!!」
    バザーマニア「どけどけー!! 」

    直人「好痛!! 這些家伙是怎么回事啊?」
    ナオ「いたっ!!  な、なんだこいつ? 」

    血拚客「這個是老子的東西! 不想受傷的話就給我退下!」
    バザーマニア「これは俺様のもんだ!  ケガしたくなきゃ、引っ込んでろ! 」

    直人「咿! 果然只有我是不行的! 美冬小姐──,救救我──!」
    ナオ「ひいっ!  やっぱり、仆だけじゃ無理だ!  ミフユさーん、たすけてー! 」
    (譯者:不知道為什么,它給我一種小叮噹和大雄的感覺 助けてー みふゆえもんー)
    (校對:然后颯爽的現身)

    美冬「讓你久等了呢,直人君!」
    ミフユ「待たせたわね、 ナオくん! 」

    美冬「等等! 那邊的商品是他先拿到的哦。請還給他!」
    ミフユ「ちょっと、あなた!  そこの品物は彼が先に取ったのよ。 返しなさい! 」

    血拚客「咯唆! 這次義賣會的主打商品,就由老子一個不留地全買走!」
    バザーマニア「うるせー!  バザーの目玉商品は 根こそぎ俺様が買い上げてやるぜ! 」

    美冬「哼,這樣啊,那么正好。 來,直人君拿好這個。」
    ミフユ「ふーん、そう、じゃあいいわ。 はい、ナオくん、これ。」

    直人「這個……是什么?」
    ナオ「なんです、これ……?」

    美冬「這是在這次義賣會中,最劃算商品的清單哦。」
    ミフユ「このバザーで、 最もお得な掘り出し物リストよ。」

    血拚客「居然在老子的面前,拿出這么不得了的東西。 那個清單就由我收下了!」
    バザーマニア「俺様の前で、すげーもん出したな。 そのリストはいただいてくぜ! 」

    直人「啊──! 清單被奪走了哦! 主打商品會先被他買光的!」
    ナオ「あー!  リスト、奪われちゃいましたよ!  目玉商品、先に買いつくされちゃう! 」

    美冬「我還有準備一張以備不時之需哦。 你要比他早一步搶先買到商品,就交給你咯!」
    ミフユ「何かあった時のためにリストはもう 1枚用意してあるわ。あいつより 先回りし
    て! 任せたわよ! 」

    直人「才不是什么『就交給你』吧! 美冬小姐也要幫忙啊!」
    ナオ「?任せたわよ!」じゃないですよ!  ミフユさんも手伝ってくださいよお! 」

    美冬「我因為打工的關系現在很累呢。拜托你咯!」
    ミフユ「私はバイトで疲れてるのよ。 よろしくね! 」

    直人「這是怎樣啊! 啊啊,算了! 我知道了。 去的話就好了吧,就去吧!」
    ナオ「なんですかそれ!  ああ、もう! わかりましたよ。 やればいいんでしょ、やれば! 」

    直人「我也是很爭氣的。賭上性命跟他拚了!」
    ナオ「仆にも意地がありますからね。 命をかけて臨みますよ! 」

    直人「……失、失敗了。 美冬小姐抱歉了。 一個商品都沒能搶到。」
    ナオ「……し、失敗しました。 ミフユさん、すみません。 ひとつもゲットできませんでした。」

    血拚客「嘿嘿嘿……老子一個不留地全買光了。再會咯──。」
    バザーマニア「へっへっっへ…… 根こそぎゲットしてやったぜ。 あばよー。」

    美冬「沒關系的。 畢竟那個清單上面寫的,都是些不重要的商品。」
    ミフユ「大丈夫よ。 あのリストに書いたのは、 全部どうでもいい品物だもの。」

    直人「……。,不重要的……? 可、可是,你說是好東西……」
    ナオ「……え、どうでもいい……?  だ、だって、掘り出し物だって……」

    美冬「我先給他假情報,趁直人跟那個麻煩的家伙爭奪商品的時候,再悠哉地把東西買完了。」
    ミフユ「デマ情報を與えて、 ナオくんが迷惑な輩と 爭ってる間に、私がのんびり 買い物すましちゃった。」

    直人「。。。──!? 所以說,我被當成誘餌了嗎!? 美冬小姐真過分呢!」
    ナオ「ええー!? つまり、 仆はオトリにされてたんですか!?  ひどいですよ、ミフユさん! 」

    美冬「抱歉抱歉。 拜你所賜,幫了我大忙呢──。」
    ミフユ「ごめんごめん。おかげで とーっても助かったわ。」
    ----------------------------------------

    選項一「不過這次實在是太……」
    「さすがに今回ばかりは……」


    選項二「既然是美冬小姐的請求,那也沒辦法呢。」
    「ミフユさんの頼みなら仕方ないです。」

    ----------------------------------------

    直人「不過這次實在是太太過分……」
    ナオ「さすがに今回ばかりは……」


    美冬「不要這么說嘛。 這次幫忙的酬勞特別幫你加100盧幣!就原諒我吧。」
    ミフユ「そう言わずに。手伝いの報酬、 100ルピも増やしてあげるから。」

    ----------------------------------------
    選項二「既然是美冬小姐的請求,那也沒辦法呢。這次就原諒你吧。」
    ナオ「ミフユさんの頼みなら仕方ないです。 許してあげます。」

    美冬「謝謝! 作為賠罪,這次幫忙的酬勞就幫你加100盧幣吧!」
    ミフユ「ありがとー!  お詫びに、お手伝いの報酬、 100ルピ増やしてあげるね! 」


    ----------------------------------------

    直人「被搞得遍體鱗傷的補償,就只有這樣而已嗎!?」
    ナオ「ボロボロにされた代償が、 たったそれだけ!? 」

    美冬「是的,這是今天的打工費,還有多給你加錢哦!」
    ミフユ「はい、増額分も合わせて、 今回のバイト代よ! 

    直人「……因為我是14小時前就來排隊,這如果換算成時薪的話……」
    ナオ「……14時間前から并んでるから、 これ、時給に換算すると……」

    美冬「啊! 不好了! 忍者的打工要遲到了! 那么再見咯──我逃!」
    ミフユ「あっ! い、いけない!  忍者のバイトに遅れる!  じゃあね──ドロンッ! 」

    直人「等一下! ……已經不見蹤影了。 真不愧是忍者。 速度快到連眼睛都跟不上呢。」
    ナオ「ちょっと待って!  ……て、もういなくなってる。 さすが忍者。目にも留まらぬ速さだ。」

    雖然被折騰了一天,但是看到了一直、一直在全力以赴的美冬后,直人覺得內心舒暢了不少。
    振り回されっぱなしだが、いつも いつも全力のミフユを見てると どこか清々しい ナオであった。

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_rare_gacha004_0
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-06-25 00:24:38
    調虎離山,天才啊
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-06-24 22:02:59
    譯者:海鷗

    大神美冬 個人故事
    第五話 家庭餐廳乃戰場!
    5話 ファミレスは戰場!
    直人「美冬小姐真慢啊…… 明明是她叫我來家庭餐廳找她的。」
    直人「美冬さん、遅いなぁ…… ファミレスに來いって 呼び出したのは向こうなのに。」

    直人「……我看就先來點些東西吧?」
    直人「……先に何か注文しようかな? 」
    ??? 「請問決定好要點餐了嗎?」
    ??? 「ご注文、お決まりでしょうか? 」

    直人「哦,來得正好。那個,這個嘛……」
    直人「お、ちょうどいい所に。 えっと、そうだなあ……」

    直人「美冬小姐!? 你在這里做什么?」
    直人「──って、美冬さん!?  なにしてるんですか? 」

    美冬「其實我在這邊打工哦。」
    美冬「私、ここでバイトしているのよ。」

    直人「嘿~ 這制服還挺適合你的呢,該說真不愧是美冬小姐嗎。」
    直人「へえ~ さすがというか、 制服、似合ってますね。」

    直人「所以今天找我有什么事嗎?」
    直人「それで、今日は何の用ですか? 」

    美冬「嗯,說到這個。 其實呢——。」
    美冬「うん、それなんだけど。 実はね──」

    直人「歡迎光臨。 總共兩位客人是嗎,馬上為您帶位。」
    直人「いらっしゃいませ。 2名様ですね。 お席へご案內します。」

    美冬「嗯嗯。 還挺有模有樣的嘛!」
    美冬「うんうん。 なかなか様になってるじゃないか! 」

    直人「嗚…… 為什么我要來幫忙啊…… 」
    直人「うう…… なんで仆がバイトの手伝いなんか……」

    美冬「抱歉,但是今天突然有人請病假,人手實在是不夠。」
    美冬「ごめんね、 でも急な病欠で一人 足りなくなっちゃったの。」

    美冬「當然也會給你打工酬勞的。 所以拜托你幫忙到晚班的人過來,好嗎?」
    美冬「もちろんバイト代は出すから。 遅番の子が來るまでお愿い、ね? 」

    直人「……真是的,真拿你沒辦法——。」
    直人「……まったく、 しょうがないなー。」

    美冬「請問餐點都到齊了嗎? ——好的,還要續杯咖啡是吧! 馬上為您準備!」
    美冬「以上でご注文おそろいでしょうか?  ──はい、コーヒーのおかわりですね!  すぐにお持ちします! 」

    直人「好、好厲害!? 這是何等俐落的動作。 真不愧是美冬小姐……」
    直人「す、すごい!?  なんてムダのない身のこなし。 さすが美冬さん……」

    美冬「直人君去收拾一號桌的盤子和送上餐后的咖啡! 還有端水過去十號桌!」
    美冬「直人くん、1番テーブルの お皿さげて食后のコーヒー!  10番にもお水持っていって! 」

    美冬「然后,六號桌的常客應該差不多要點甜點了。去問問客人要點什么! 動作快!」
    美冬「あと、6番テーブルの常連さん、 そろそろデザートを注文するはずよ。 聞きに行って! 早く! 」

    直人「吚——! 這么忙碌是怎么回事! 家庭餐廳是戰場嗎!?」
    直人「ひいー!  なんだこの忙しさ!  ファミレスは戰場か!? 」
    (校對:戰場よ、心があればどこでも戰場よ)

    直人「啊,不好……」
    直人「お、おっと……」

    ——喀鏘——
    ──ガッシャーン! 

    直人「糟、糟糕了! 太急不小心把料理打翻了……!」
    直人「し、しまった!  急ぎすぎて、料理が……! 」
    素行不良的客人「喂喂,這位小哥! 你在搞什么啊? 居然把老子我的飯浪費掉了!」
    ガラの悪い客「おいおい、兄ちゃん!  どうしてくれんだ?  俺のメシ、臺無しにしやがって! 」
    (譯者:是說我很好奇,都什么年代了還有這種超長飛機頭的不良角色
    現在就連刻板印象里的ヤンキー或暴走族也不會是這種皮膚吧)
    (校對:查到的資料是50(國外)~80(日本)年代... 我都還沒出生呢)

    美冬「真的非常抱歉! 馬上為您端上新的餐點。」
    美冬「大変申し訳ありませんでした!  すぐに新しい物をお持ちします。」

    素行不良的客人「你她媽的以為道歉就能了事了嗎!? 喂,把東西弄掉的是你這家伙對吧。 小哥,你跟我出去一下!」
    ガラの悪い客「謝りゃ済むと思ってんのか!?  おい、落としたのはてめぇだろ。 兄ちゃん、ちょっと面かせや! 」

    直人「我、我嗎!? 吚——! 救命——!」
    直人「ぼ、仆!?  ひいー! たすけてー!」
    (譯者:みふゆえもんー)
    (校對:ふゆえもんー)上傳者的小小補充:這是哆啦A夢的捏他,美冬A夢

    美冬「這位客人,您這樣我們會很困擾的。 要是他被帶走的話,會對本店業務造成影響的。」
    美冬「お客様、困ります。 いま彼に抜けられたら 當店の営業に差し支えます。」

    素行不良的客人「那么,小姐你來代替他當我的對手也可以哦? 嘿嘿……」
    ガラの悪い客「それじゃ、代わりに姉ちゃん、 あんたが相手してくれてもいいぜ?  へへへ……」

    美冬「我嗎……? 可是我的時薪可是要850元的,這樣可以嗎?」 
    美冬「私……?  時給850円かかりますけど、 よろしいですか? 」

    素行不良的客人「好便宜!? 好啊,老子我付了! 嘿嘿,老子我會好好地疼愛你的……」
    ガラの悪い客「安!? いいぜ、払ってやるよ!  へへ、たっぷりかわいがって……」
    (譯者:如果我想的跟這位客人一樣,那感覺還挺便宜的)
    (校對:如果真的是的話我也會付23333)
    (上傳者:給我停止你們大膽的想法)

    素行不良的客人「好痛——!! 你這家伙在做什么啊!」
    ガラの悪い客「──いででーっ!!  な、なにしやがんだ、てめえ! 」

    美冬「因為你說我來當對手,所以就來陪你較量了。 因為我有當過合氣道導師的打工經驗。」
    美冬「相手と言われたので、お手合わせを。 合気道師范のバイト経験もあるので。」
    (校對:合氣道導師 這個會有人請打工嗎?)
    (譯者:這就跟護理師一樣吧,美冬式幽默 不然就是代氪老師之類的?)

    素行不良的客人「合氣道導師的打工是怎樣!? 開什么玩笑! 這種店誰會來第二次啊!」
    ガラの悪い客「んだよ、そのバイト!?  ふざけやがって!  こんな店、二度と來るか! 」

    直人「客人走掉了……但是得救了——!」
    直人「お客さん、行っちゃった…… でも、助かったー! 」

    美冬「直人君你沒事吧? 像那種客人,就算再來也很困擾,就給他一點苦頭吃吃了。」
    美冬「直人くん、大丈夫?  ああいうお客は、また來ても困るし、 ちょっと痛い目にあわせちゃった。」

    直人「美冬小姐謝謝你。 多虧有你我才能得救呢。」
    直人「ありがとう、美冬さん。 おかげで助かったよ。」

    美冬「啊! 剛才沒跟他收錢。 因為當了5分鐘的對手,850除以……」
    美冬「あ! 時給もらいそびれたわ。 5分相手したから、850円割る……」
    (校對:70.83)

    直人「啊,剛剛那只是在打工啊……」
    直人「あ、ただのバイト感覚か……」

    美冬「今天辛苦你了,真的很努力呢。 來,這是作為打工酬勞的迷你圣代哦!」
    美冬「お疲れ様、よく頑張ったわね。 はい、バイト代のミニパフェよ! 」

    直人「等等! 打工酬勞不是錢嗎!? 而且還是迷你的!?」
    直人「待って!  お金じゃないの!?  しかも、ミニって!? 」

    美冬「這里的圣代可是很好吃的哦——。 來,啊——。」
    美冬「ここのパフェおいしいのよー。 ほら、あーん! 」

    直人「啊——,確實很好吃。」
    直人「あーん……ぱく…… ……確かにおいしい。」

    雖然直人有很多地方無法接受,但還是被強迫用迷你圣代打發了。
    腑に落ちないことが多々あったが、 強引にミニパフェで 手を打たされてしまう 直人であった。

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_rare_gacha004_1
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-06-25 00:32:56
    真是自然的喂食
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-07-14 21:33
    譯者:海鷗

    大神美冬 個人故事
    第六話 我來接住你!
    6話 私が受け止めてあげる!
    美冬「直人君! 這邊這邊——!」
    ミフユ「ナオくん!  こっちこっちー! 」

    直人「美冬小姐,突然叫我出來是要做什么呢?」
    ナオ「ミフユさん、突然呼び出して どうしたんですか? 」

    美冬「今天想要答謝你上次幫忙代班。就帶了你可能會中意的裝備來了。」
    ミフユ「今日はバイトを手伝ってもらった お禮がしたくてさ。君が気に入り そうな裝備、持ってきたんだ。」

    直人「這些是要給我的嗎!? 這可都是很高規格的裝備哦! 真的很謝謝你!」
    ナオ「これ、くれるんですか!?  だいぶスペック高いですよ!  ありがとうございます! 」

    美冬「然后……吶? 有點事情想要請你幫忙……」
    ミフユ「それで……ね?  ちょっと手伝ってほしいことが……」

    直人「果然又是這種發展嗎? 反正我本來就不覺得可以白拿這些裝備了。 所以這次又要幫忙什么事情?」
    ナオ「やっぱりそういう流れですか?  タダじゃないとは思ってましたよ。 で、今度は何ですか? 」

    美冬「其實,我有在做幫新手收集稀有道具的打工服務來賺錢。」
    ミフユ「私、初心者プレイヤーの代わりに レアアイテムを取ってくる バイトをしてルピを稼いでるのよ。」

    美冬「但是,這次委托的道具,憑我一個人有點難取得……」
    ミフユ「でも、今回頼まれたアイテム、 私一人じゃ入手が難しくて……」

    直人「那個絕對是什么危險的東西吧!? 那種事情我才不要幫!」
    ナオ「それ、絶対危険なやつ じゃないですか!?  嫌ですよ、そんなの! 」

    美冬「沒問題的! 只要抱著樂觀的想法去做的話,不論什么打工都能很開心的!」
    ミフユ「大丈夫! 前向きにやれば、 どんなバイトも樂しめるわ! 」

    美冬「就算是粉身碎骨,處在毫無希望的絕境也是!」
    ミフユ「たとえこの身が張り裂けて、 心が死んでしまうような現場でもね! 」

    直人「那到底是什么樣的打工啊! 連美冬小姐都覺得困難的話,我是絕對辦不到的啦!」
    ナオ「それ、どんなバイトですか!?  ミフユさんで難しいなら、 仆なんか絶対に無理ですって! 」

    美冬「有兩個人的話,總會有辦法的。 拜托! 沒有其他可以拜托的人了——。」
    ミフユ「二人でなら、なんとかなるわ。 お愿い! こういうこと頼める人、 他にいないのよー。」

    直人「……唉,我知道了。 既然都說到這份上了,也不好意思拒絕啊。」
    ナオ「……はあ、わかりました。 そこまで言われたら、斷れませんよ。」
    美冬「首先是這里。 有僅會在這個火山區域綻放的貴重花朵。可以作為道具的合成素材哦。」
    ミフユ「まずはここ。この火山フィールドに しか咲かない貴重な花があってね。 アイテムの合成素材になるのよ。」

    直人「哦……但是這附近都沒有看到什么花朵哦?」
    ナオ「へえ…… でも、花なんて見當たりませんけど?」

    美冬「你看,在那邊! 開在那邊火山口的地方。」
    ミフユ「ほら、あそこよ!  あの火口のところに咲いてるわ。

    直人「這不是超危險的嗎! 而且它還冒著濃煙,看起來就好像隨時都會噴發的樣子哦!?」
    ナオ「めちゃくちゃ危ないじゃないですか!  けむり出てるし、 いまにも噴火しそうですよ!? 」

    美冬「但是這花只會開在火山口哦。 我會扶著你,不讓你掉下去的,快點去采花吧!」
    ミフユ「でも、火口にしか咲かないのよ。 落ちないように支えてるから、 早く取って! 」

    直人「是由我來做危險的工作嗎? 真是的……」
    ナオ「危険な役目は仆ですか?  まったく……」

    直人「嘿咻! 美冬小姐,我拿到了——」
    ナオ「よいしょっ!  ミフユさん、取れまし──」
    轟隆!!
    ドォオオオン!!! 

    美冬「糟糕了,是火山碎屑流! 必須要快點逃離這里!」
    ミフユ「まずい、火砕流よ!  急いで逃げなきゃ! 
    直人「啊——真是的! 這件事果然很危險不是嘛!」
    ナオ「あーもう!  やっぱり危険じゃないですかー! 」

    美冬「來,火山之后是這里哦。 在前方的遺跡群里有著稀有的道具!」
    ミフユ「さあ、火山の次はここよ。 この先の遺跡群にレアアイテムが あるの。」

    美冬「你看! 那個怪物在守護著的道具就是我們的下個目標!」
    ミフユ「ほら見て! あのモンスターが 守ってるアイテムが次の目標よ! 」

    直人「那只怪以我們的程度是絕對沒辦法打倒的對吧!? 要怎么辦?」
    ナオ「あれ、仆たちだけじゃ 絶対に倒せないレベルですよね!?  どうするんですか? 」

    美冬「這種事情簡單——就是這樣做! 直人君,路上小心哦——!」
    ミフユ「そんなの簡単──こうするのよ!  ナオくん、 行ってらっしゃーい! 」

    直人「等等! 為什么要推我!?」
    ナオ「ちょ! なんで押すんですか!? 」
    魔物「咕哦! 」
    モンスター「グオオオオオッ! 」

    直人「嗚哇——! 被看到了! 快救救我——!」
    ナオ「うわー! 見つかった!  たすけてー! 」

    美冬「直人君,就拜托你負責去當誘餌! 我會在這時候去拿道具的! 放心,你一定辦得到!」
    ミフユ「ナオくん、 おとり役お愿いね! その間にアイテムゲットよ! 大丈夫、君なら出來るわ!」

    直人「我的待遇也太過分了吧!至少給我點撫慰啊!」
    ナオ「扱いがひどすぎますよ!  せめてアフターケアくらいしてーっ! 」
    美冬「接下來就是最后的任務了哦。」
    ミフユ「さあ、これが最后のミッションよ。」

    直人「還、還有嗎……? 我感覺有點難受……」
    ナオ「ま、まだあるんですか……?  仆、ちょっとしんどいです……」

    美冬「這個峭壁上有旅鴉筑的巢。 牠的卵是稀少的合成素材哦。 去拿過來吧。」
    ミフユ「この絶壁にタビガラスの巣があるの。 その卵が希少な合成素材なのよ。 さぁ、取ってきて! 」

    直人「喲……嘿……! 好! 看到巢了! 這就把卵拿——」
    ナオ「よっ……ほっ……!  よし! 巣があった!  卵取れま──」

    啪沙!
    ──バサァッ! 

    直人「哇啊!? 旅鴉媽媽回來了! 要被攻擊了!」
    ナオ「うわぁ!?  親のタビガラスが戻ってきた!  や、やられるー! 」

    美冬「直人君快跳下來! 我來接住你!」
    ミフユ「ナオくん、 飛び降りなさい!  私が受け止めるわ! 」

    直人「我做不到啦——!? 這種可怕的事情!」
    ナオ「できませんよー!?  そんなこわいことっ! 」

    美冬「相信我! 快點! 跳吧!」
    ミフユ「私を信じて!  早く! さあ! 」

    直人「……我、我知道了! 要跳了哦! 嘿!」
    ナオ「……わ、わかりました!  いきますよっ!  とおっ! 」

    美冬「啊! 已經到這時間? 不好,打工要遲到了! 直人君再見——!」
    ミフユ「──あ! もうこんな時間?  バイトに遅刻しちゃう!  ナオくん、じゃあねー! 」

    (校對:打工 比 直人 重要)
    (譯者:直人一定很嘔,組隊打副本打到一半隊友中離)
    (校對:直人 被 打工 NTR)

    直人「我明明那么相信美冬小姐你,沒想到卻被背叛了!? 咦!!!」
    ナオ「信頼したのに、 まさかの里切り!?  あーれー!!! 」

    往下跳的直人就這樣,悽慘地往地面撞去……
    そのまま無殘にも 地面に突っ込んでしまう ナオであった……

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_rare_gacha004_2
  • 公主連結R-【翻譯】公主鏈接前作個人劇情翻譯帖 美冬篇(2020/07/14 21:46 更新至第七話)
    匿名
    2020-07-14 21:44
    譯者:海鷗

    大神美冬 個人故事
    第七話 你是很重要的存在
    7話  キミは大切な存在

    美冬「喂——直人君,在這邊哦,這邊!」
    ミフユ「おーい、ナオくん、 こっちよ、こっち! 」

    直人「好、好……」
    ナオ「はいはーい……」

    美冬「怎么了嗎? 看起來沒有什么精神呢。」
    ミフユ「どうしたの? 元気ないわね。」

    直人「我只是想說,一聽到美冬小姐把我叫出來,就知道又要被卷入麻煩的事情里面了。」
    ナオ「ミフユさんが仆を呼び出すってことは、また面倒なことに巻き込もう としてるんじゃないかなって……」

    美冬「什么嘛,居然說是麻煩的事情! 應該是不間斷的驚險與興奮吧。」
    ミフユ「なによ面倒なことって!  いつもスリルと興奮の連続でしょ。」

    美冬「而且,今天找你可沒有那么麻煩哦。」
    ミフユ「それに、今日はそれほど 面倒なことじゃないわ。」

    美冬「最近,城里發生了多起道具竊盜事件。 我希望你幫忙我抓到那些小偷。」
    ミフユ「最近、この街でアイテムの盜難が 多発してるの。その泥棒を つかまえるのを手伝ってほしくて。」

    直人「這可是相當麻煩的事情呢……」
    ナオ「十分すぎるほど 面倒なことだな……」

    直人「但是,居然會想要去抓住惡徒,美冬小姐的正義感真強烈呢。真不愧是清廉正直的騎士。」
    ナオ「だけど悪い輩をつかまえようなんて ミフユさん、正義感が強いな。 さすが清貧を重んじる騎士だ。」

    美冬「抓到小偷的話,似乎就可以獲得一筆懸賞金哦。」
    ミフユ「泥棒を捕まえると 懸賞金がもらえるらしいのよ。」

    直人「收回我剛才說的話……!」
    ナオ「前言撤回っ……! 」

    美冬「那么趕快去附近巡邏哦! 我們就分成兩路去巡視吧! 看到的話就傳消息給對方。」
    ミフユ「じゃあさっそく見回り開始よ!  手分けして巡回しましょ! 見つけたらボイスメッセージ送って。」

    直人「好~的……」
    ナオ「は~い……」

    直人「就算你這么說,道具小偷又不可能那么剛好會出現……」
    ナオ「とは言っても、 そんなに都合よくアイテム泥棒が 出てくるわけ……」
    女性玩家「呀——! 有小偷——!」
    女性プレイヤー「きゃー! 泥棒ー! 」

    直人「出、出現了!」
    ナオ「で、出た! 」
    小偷「閃開閃開!」
    泥棒「どけどけーっ! 」

    直人「哇! 然后偏偏又往我這邊過來了~!」
    ナオ「わわわっ!  そしてよりによって 仆のほうに來たよ~! 」

    直人「趕快向美冬小姐發語音消息! 『找到小偷了! 趕快過來!』」
    ナオ「ミフユさんにボイスメッセージだ!  『泥棒発見! 早く來て!』」

    ──安~靜──
    ──し~ん──

    直人「咦? 沒有回復! 在這么關鍵的時刻,美冬小姐到底在干什么啊,真是的!」
    ナオ「あ、あれ? 返事がない!  肝心な時に何してんだよ、もう! 」

    直人「這、這樣的話,就只能靠我一個人來抓住小偷了…… ……等等——!」
    ナオ「こ、こうなったら仆一人で 捕まえるしかない…… ……待て待てー! 」

    小偷「啊? 你這家伙要干啥!?」
    泥棒「あん? 何だてめえは!? 」

    直人「我為了逮捕像你這樣的壞蛋而在巡邏! 給我老實點!」
    ナオ「君のような、ならず者を 捕まえるために巡回してたんだ!  おとなしくしろっ! 」

    小偷「嘿! 這不是很有趣嗎。 要干的話就來啊! 喝呀!」
    泥棒「へっ! おもしれえじゃねえか。 やれるもんならやってみろよ!  おらーっ! 」

    直人「哇啊!  ……好、好強。 一擊就把我打殘了……」
    ナオ「うわあーっ!  ……つ、強い。一撃でHPが ほとんどなくなってしまった……」

    (譯者:我覺得是你太廢)

    小偷「哼,弱爆了! 你這只會出一張嘴的混帳家伙,就讓我趕快收拾你。 要上咯!」
    泥棒「ふん、弱っ! 口だけ野朗が、 さっさととどめをさしてやるよ。 行くぜーっ! 」

    美冬「給我等一下!!」
    ミフユ「待ちなさーい!! 」
    小偷「咕啊! 什么,居然有同伴啊?」
    泥棒「ぐわあーっ!  な、仲間がいやがったのか? 」

    直人「美冬小姐! 你太慢了啦。」
    ナオ「遅いよ、ミフユさん! 」

    美冬「抱歉。 因為那邊的道具商店有特價活動,就去逛了一下。」
    ミフユ「ごめんなさい。 そこのアイテムショップで セールをやってたものだから。」
    (校對:特價活動 比 直人 重要)
    (譯者:不能怪美冬,特價活動真的很有吸引力)
    (校對:直人 被 特價活動 NTR)
    (譯者:太常被NTR了吧w)

    直人「你在干什么啊,真是的! 我剛才可是差點就被干掉了哦。」
    ナオ「何してんだよ、もう!  危うくやられる ところだったじゃないか。」

    小偷「你們小情侶吵架等一下再吵! 現在讓我來一口氣收拾你們。」
    泥棒「癡話げんかはあとでしな!  まとめて片付けてやるぜ。」

    美冬「真虧你居然敢傷害直人呢! 給我做好覺悟吧! 喝——!」
    ミフユ「よくもナオくんを 傷つけてくれたわね! 覚悟しなさい! たあーーーっ! 」

    小偷「呀!!!」
    泥棒「ぎゃあーーーっ……!!! 」

    直人「真不愧是美冬小姐。一擊必殺……」
    ナオ「さすがミフユさん。 一撃必殺だ……」

    美冬「怎么樣啊,還要繼續嗎?」
    ミフユ「どうする、まだ続ける? 」

    小偷「不,是我輸了……我會把偷來的道具全部還回去的。」
    泥棒「いや、まいった…… 奪ったアイテムも全部返すよ。」

    美冬「直人君你沒事吧!?」
    ミフユ「ナオくん、大丈夫!? 」

    直人「沒事,雖然吃了不小的傷害,但總算是活下來了。」
    ナオ「うん、だいぶダメージを 受けたけど、なんとか。」

    美冬「真是太好了~這樣我就放心了。」
    ミフユ「よかったあ~…… 安心したよ。」

    直人「美冬小姐在擔心我嗎? 可是你剛才好像沉迷在特價之中,忘記救我哦。」
    ナオ「心配してくれてたんですか?  その割にセールに夢中だった みたいだけど。」

    美冬「我當然很擔心你啊! 因為直人君對我而言,可是非常重要的存在!」
    ミフユ「心配したに決まってるじゃない!  ナオくんは私にとって、 すごく大切な存在なんだから! 」

    直人「美冬小姐 ……」
    ナオ「ミフユさん……」

    美冬「沒錯,你可是我不可或缺的珍貴勞動力哦!」
    ミフユ「そう、欠くことのできない 貴重な労働力なのよ! 」

    直人「……雖然這話讓人聽了不是很開心,但姑且還是謝謝你……」
    ナオ「……あまりうれしい響きでは ないですが、とりあえず ありがとうございます……」

    雖然兩人平分了懸賞金。但是,美冬從直人那份里,抽了一部分作為救援費用。
    泥棒の懸賞金を山分けした二人。 しかし、ナオの 取り分からしっかり救出料を抜く ミフユであった。

    資料來源:http://priconestory.nekonikoban.org/story.html?adv=ogami_mifuyu_srare_limitedraid006_0

  • 上一篇:送活動抽到的電影票

    參與討論
      • 請先登入后才可以回帖 登入 | 注冊
    查看更多